再スタートするタイミングとして

なにか新しいことを始める時に、何かきっかけがないとなかなか始められない、ということは大人になってもよくあることです。ましてやしばらく動けていなかった不登校生が、再スタートを切るときには、そのタイミングがとても大切になってきます。人間誰しもイヤなことからは目をそらしたり、後回しにしてしまいがちですからね。

さてもうすぐ4月を迎えるわけですが、この季節は新しく何かを始めるタイミングとしては最も分かりやすい時期のひとつでもあります。日本の教育のスケジュールになれている私たちは、子どもから大人までなんとなく、4月というのは心機一転新しいスタートが始まる季節だと感じています。新しい学年、新しい学校。新しく社会人になり、新しい職場に配属され、といった感じですね。

ですから学校に行けていない方でも、気持ちも身体にも余裕が出てきた。そろそろ動いてもいいかな、と考えているならば少しだけ頑張ってもらいたい季節でもあるのです。「春が近づいて、周りもそんな空気だから」とか、「自分もこの流れに乗ってみようかなあ」と思いながら何かを始められるかもしれません。

もちろん何もかも周りに任せっきりではいけませんが、自分が動き出すきっかけとして、時には世間や周りの雰囲気を利用してみるのも良いのではないでしょうか。ヨイショが効かないとき、足がすくんで背中を押してほしいとき。不登校の方も春に向けて、季節の流れは大切にしてほしいと思います。