連休明けで身体がだるいと思ったら、、、、、

こんにちは^^

 

 お久しぶりの更新となりました!

 

さて、長いながいGW明けで身体がしんどいなぁと感じている方も多いと思います。

今までの生活習慣に戻すってなかなかたいへんですよね、、、、、。

休みがあるのは嬉しいはずが、嬉しくなくなってきたりもします。(休み長すぎる~~;;;

 

私は、この休みは家族でBBQを楽しみました!

兄弟皆、実家を出てなかなか全員揃う機会がないので楽しかったです。

 

 

それはさておき、

GWにしても、普段の土日にしても

休み明けは“しんどいな、、、”って思うときありますよね。

 

 

そんな時、無理はしないでくださいね。

体のサイン、心のサイン、感じて大事にしてください。

 

休めない状況であれば、いつも100%の力でやっている事を

80%くらいの力で進められたら少しは楽になるかもしれません。

 

 

力ぬいてもいいんだ。って思うこと。体感すること。

案外力、抜いてもうまくいくことがわかれば

うまく自分の体調や精神面をコントロールしていけると思います。

 

 

「疲れたな。」と思ったら休むことも大事です。

健康に気をつけて楽しく過ごしましょう~~~~^^

 

 

___石竹

夜も学習できます!

夜も学習をしていただけるようになりました。

ただし、夜は学習のみとなります。
相談や面談はできません。

塾部門と一緒になるため、学校に通っている人とも一緒に勉強することになりますから、本当に勉強をしたい受験生の方にはいいと思います。

個別指導で指導もいたします。
ただし、自分より若い先生になることもありますから、それは覚悟してください。

講師は選べません。
あわなければ、もちろん考えますが、原則、指定された講師になります。

受験では自ら学ぶ姿勢が必要です。
講師に頼るのは最後の手段です。

そういう覚悟で勉強する人に夜間の授業をお勧めします。

 

発達検査を必要とする方の対応について

不登校の子ども達の中に、発達障がい(広汎性発達障害、自閉症スペクトラム)の方がいらっしゃいます。

弊社は療育機関ではありませんので、療育はできません。ですので、原則として、入会していただくのは、あくまで学習を希望される場合のみ入会が可能な場合があるということを、ご承知おきください。

また、学習をご希望の場合についても必ずしも、ご受講いただけるわけではありません。

発達障がいの方については、入会相談にお越しの時に、必ず次のものをお持ちください。

1.発達検査の資料(所見等)※

2.療育を受けている機関での個別指導計画または指導に関する報告書

3.お薬手帳(お薬が処方されている場合)

特に1の所見等が何もない場合は、ご相談はお聞きいたしますが、ご入会いただくことはできません。

子ども家庭センターや児童相談所などで検査をお受けになった場合は、所見等もない場合がございますが、その場合は、再度、医療機関での検査を王家いただいてから、ご相談にお越しください。

なお、現在、発達障がいの方の募集は定員に達しているため、募集を停止しております。キャンセル待ちもお受けしておりませんので、ご了承ください。
学校の先生から学習については、「個別指導塾などで学習をみてもらってください」、と言われることがありますが、個別指導塾が発達障がいの方の特性を理解し、学習指導を行うことができるところがほとんどないのが実情です。

学習について、お急ぎの方は、大阪YMCAサポートクラスなどにご相談ください。

子ども心身医療研究所、大阪医科大学LDセンターはホームページ等をよくご覧いただき、その上で手続き順にしたがってご相談をお願いいたします。

「小学生ママのための子育てセミナー」で講演します

2/21 Mamfesta同時開催
小学生ママのための子育てセミナー

ホテル阪急エキスポパーク 本館2F(場所 梅会議室)

いつもお世話になっている、
CityLifeさんの主催される
2月21日(木)実施の
「小・中学生ママのための教育セミナー」
で講演をさせていただきます。

 

場所はホテル阪急エキスポパーク 本館2F(梅会議室)

 

2月21日(木)13時から私の担当です。

 

テーマは
「子どもへの言葉かけのキホン 我が子を肯定してあげられる親に」

講演終了後は個別相談や
座談会も行います。

お申し込みはCityLife
下記の申し込みフォームから
お願いします。

https://pro.form-mailer.jp/fms/539f0f69162713

 

2/21 Mamfesta同時開催
小学生ママのための子育てセミナー
の下のセミナーで、番号は「2」を選択して下さい。

会場でお会いできることを楽しみにしています。

親子関係(親目線)

こんにちは^^

お元気ですか?

 

前回から親子関係について触れています。

早速ですが、今回は親目線で話を進めたいと思います↓↓

 

 

『子どもって親の苦労を全然理解してくれませんよね??』

 

「気づかぬところで支援しているのに、わかってもらえない、、」

「あなたのことを思ってやっているのに、、」

「憎らしくて怒っているわけではないのに、、」って思うときもありますよね。

 

 

親が子どもを大切にしない理由なんてないと思います。

本当はもっと子どもと話したいし

子どもの日々の成長が嬉しいし

なにより、健康で元気に生活してくれてたら安心しますよね。

 

そう純粋に思うのが親なんじゃないのかなぁと感じています。

 

 

親御さんには

一つだけ大切にしてほしいことがあります。

 

例えば

帰宅が遅くなって、ようやく帰ってきた子どもに対していう一言めが

「どこいってたの!こんなおそくまで!!!(怒)」

っていう怒りの言葉。

 

これでは受け取る側の子どもも

親は自分の帰りが遅かったことに対して怒っている

としかとらえられません。

 

 

しかし、親の感情をかみ砕いてみると

 

今日は帰りがおそいなぁ→連絡もない→なにかあったのか→総じて“心配”になる

 

もともとは心配してたのに

最初に出てくる一言は心配が故の“怒り”

 

 

もし怒りたくなってもぐっとこらえて

最初の一言を大切にしてみてください。

 

「無事でよかった。心配したんだよ。」と

そこから何があったのか聞いたらいいんです。

帰ってくるなり

「なんでこんなに遅いのーーー!!(怒)」

と言われたら

根本的に怒ってる人と冷静に話せるわけないと

話したいことあっても話づらくて部屋に逃げ込んだり

一言も話さなくなったりすると思います。

 

 

『心配していたら→素直に安心したことを伝える。』

 

とってもシンプルなことです^^

 

シンプルなことほど分かっていても

難しく考えてしまったり、そうは言ってもさぁ…って思ったりします。

 

いろんな関係、言葉がけの蓄積が

今日の親子関係を作っていると思います。

 

今、もし関係がうまくいっていなかったら

少し何かを変えてみるのもいいんじゃないかなと思いますよ^^

 

 

それではこの辺で^^

 

 

___石竹

親子関係(子ども目線)

こんにちは^^

年末で話が途切れてしまっていましたが、

本日は親子関係についてです。

私自身、学生時代はとてもギクシャクしたものでした;;;

 

 

口喧嘩するたびに思っていたことは

『親なんだから分かってよ!(私の気持ち理解してよ!)』

ってことでした。

 

 

 

今思えば、それは無理なことって分かります。

前回少し触れましたが人間関係で大切なことは

ヒト(他人)を変えようとしないことです。

親であっても他人です。

 

 

ドライな言い方に聞こえるかもしれませんが、

一人の価値観(考え方)の違う人間という意味です。

 

 

 

なので、

自分の気持ちを100%理解してもらうのは不可能という事です。

それが分からなかった過去の私は

「親なのに分かってくれない、もう話しても理解してくれないから無駄だ」と

感じていました。

 

 

 

親も親なりの考えをもって話すし

子どもも子どもなりの考えをもって話します。

なので、

お互いがお互いを理解し合おうとする気持ちが大切だと思います。

 

 

 

 

 

今回は子ども目線でのお話でしたが

次回は親目線でお伝えしていきます^^

それではこの辺で^^

 

____石竹