「せめて高校くらいは出ておかないと…。」

あなたはなぜ通信制高校に行きたいのですか?

 

私は中学生や高校を中退しようとしている生徒から、「通信制高校に行きたい」と相談を受けたときに必ず次の質問をします。

 

「どうして高校に行きたいの?なぜ、高校を卒業しておきたいの?」

 

あなたは、これに答えられますか?
あなたの答えはどのようなものですか?

 

中学3年生は必ず進路の問題に直面します。
また、いったん、高校への進学を決めて、高校に通い始めた生徒も、続けられなくなると、高校をやめるかどうかという問題に直面します。

どちらも不登校の子ども達にとってはたいへん苦しい問題です。
それでも、私はなぜ高校に行くのかということを、必ず生徒本人にもご家族にも問います。

 

この答えがたいへん重要なのです。

安易に考えてはいけないのです。

 

あなたはどう答えますか?
ここから先を読む前に少し考えてみてください。

 

「せめて高校くらいは出ておかないと…。」と思いませんでしたか?

 

そう思った方に質問です。

 

なぜ、高校くらいは出ておかないといけないのですか?

 

考えてみてください。
どうして高校くらいは出ておかないといけないのですか?
その理由は何ですか?

とても重要な問題です。
しっかりと考えてみてください。
このことについては、重要な問題なので、また、次回に細かくお伝えしたいと思います。

 

もし、よろしければ、この答えについて、コメントをお書きください。
公開するのは避けた方がよければ、公開いたしませんので、安心してコメントしていただければと思います。また、この答えをコメントとして書いてくださった方には、たいへんささやかですがプレゼントをご用意しています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。