不登校になる一番の問題(4)~学校の価値観とは~

学校の価値観が一つしかない
これは、考えてみれば仕方がないこと
なのです。

なぜなら、学校というところは子ども達を
社会に送り出すために教育を行っている
ところだからです。

 

日本の将来を担う子ども達に、

「こうであってほしい」
「このような大人になってほしい」
「日本をこのような国にして欲しい」

という日本の国を一定の方向にもって
いこうとするために、それに適応し、
日本の国の繁栄のために働く人材を
作ることが一番の目的だからです。

 

このことは国を栄えさせ、安全でしかも
安定した生活をおくることができる国に
するためにはたいへん重要なことなのです。

 

日本の教育が一定の成果をあげているのは
東北の大震災のあと、避難所で生活する
人達がお互いを支えあって、励ましあって
日々を過ごしている姿が世界中に放映され
世界の人々からも認められています。

 

他にも国や地方自治体の選挙において、
立候補者の名前や政党名を直接記入する選挙を
行っているのは世界でも日本だけであることは
有名な話です。

それくらいほとんどの国民が「字が書ける」
ということの裏返しであり、教育の高さを
物語っているのです。

 

国が栄え、安心して暮らせるように
するために国の方針で教育が行われていると
したら、その国の方針にそわない「不登校」は
たいへん問題であるとされるのは、行政や学校側
からしてみると、当然のことでしょう。

 

その国が「ゆとり教育」を行っていたのです。
これはなぜだったのでしょうか。

 

「ゆとり教育」はどのような成果があったのでしょうか。

 

学校に行けない子ども達にとっては、これからは
どうなっていくのでしょうか。

 

少し考えてみてください。

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

パーソナルアカデミー
http://personal-academy.jp
http://personal-ac.com